会長挨拶

会長挨拶

公益社団法人日本助産師会 会長 岡本喜代子

会長 岡本喜代子の肖像画

 公益社団法人日本助産師会は、助産師独自の職能団体として、1927(昭和2)年に設立された日本産婆会を前身として、1955(昭和30)年に社団法人化し、活動を展開してまいりました。

 助産師は、自然な妊娠・出産の経過や、母乳育児を大切にし、専門的な知識に基づき、母子やそのご家族の方々のニーズに即した、安全で快適で満足なケアの提供に努めています。また、子ども達へのいのちの教育、性教育をはじめ、女性の皆様の一生涯のリプロダクティブヘルス/ライツを支援しています。

 現在、全国の47都道府県助産師会において、「子育て・女性健康支援センター」活動を実施し、母子をはじめ女性の皆様への健康支援活動を展開しています。
 本会は、わが国の母子保健推進のため、全国の助産師の連携をはかり、助産師活動とその水準の維持、改善、向上に関わる様々な活動を実施しています。

さらに、助産師をめざす方々の支援を行い、 全ての女性が必要とするケアをすみやかに地域で享受できるように、施策に反映するために、政府や行政、関係諸団体への働きかけや連携も積極的に行っています。
 また、ICM(国際助産師連盟)加盟団体として、国際的な関連集会や研修、国際支援などに参加し、世界の助産師関連団体との連絡や情報の交換、交流を行っています。
わが国はもとより、世界中の母子保健と助産師職能の一層の発展向上のため、共に力を合わせ、より良い活動を推進していきたいと考えております。

このページの最初へ