会長挨拶

会長挨拶

会長 山本詩子の肖像画

公益社団法人日本助産師会
会長 山本詩子

Midwife:女性と共に

 日本助産師会は、助産師独自の職能団体として90周年を迎えました。
 第10代会長に就任いたしましたので、ご挨拶申し上げます。
 日本助産師会は、助産師独自の職能団体です。全国都道府県助産師会の会員にて組織されています。助産師は、女性の妊娠、出産、産褥の各期を通じて、サポート、ケア及び助言を行い、出産を円滑に進め、新生児及び乳児のケアを提供するために、女性とパートナーシップを持って活動しています。
 日本助産師会が掲げた将来ビジョンでは、地域連携の整備推進・他職種連携・優れた人材育成・国際協力の推進・安定した経営・組織強化、運営の基盤整備などが挙げられています。その中で具体的に6つの提言を致します。

 1) 組織強化のための会員増強を図る
 2) 3部会活動を魅力ある内容として充実を図る
 3) 産後ケア事業の推進・ガイドライン作成する
 4) 助産所の緊急医療体制の強化と充実を図る
 5) 国際協力とICMへの参加促進する
 6) 看護・助産師学生の助産所実習受け入れ体制強化する

 これらの提言を関連団体との連携により、具体的に積極的に推進していきたいと思います。多様なニーズを持つ女性たちの支援者として妊娠・出産・育児期の女性とその家族を支援し続ける助産師の役割は大きく重要です。
 日本助産師会活動を通し見えてきた問題点や課題を、臨床で培った経験と合わせながら地域に必要な制度を具現化し、皆様から寄せられたご意見やアイディアを実践の場に即した方法で展開していきたいと思います。
 「すべての妊産婦に助産師のケアを」を真髄とした助産師活動を目指し日本助産師会の発展に寄与する所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

このページの最初へ