会員活動紹介

 周産期医療や助産、地域母子保健を行う助産師は、勤務形態に応じて3つの専門部会【助産所部会】【保健指導部会】【勤務助産師部会】のいずれかに所属し活動しています。 ここでは、それぞれの助産師の主な活動をご紹介します。

  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介
  • 会員活動紹介

助産所部会

 妊娠期から定期的な妊婦健診を行い、助産所でのお産や、助産師が産婦さんの自宅に出向いて自宅でのお産の介助をしています。妊娠から出産・産後とご家族も含め長期に渡って継続したケアを提供する他、産前・産後クラスや母乳外来、育児相談、子育て支援などを行っています。

保健指導部会

 助産所または訪問・出張により女性と家族のライフサイクルにそった保健指導を行っています。妊娠期の健診や相談、母乳育児支援、産後ケア、育児相談・育児支援の他、行政からの委託を受け、新生児訪問、乳幼児健診等での育児相談等も行っています。病院やクリニック、助産所、教育機関、保健所・保健センター等を兼務している助産師もいます。

勤務助産師部会

 病院やクリニックに勤務し、助産師外来やお産の介助、お産後のケアや母乳ケアを施設で行っている助産師、教育機関(大学や専門学校)に勤務し、助産師教育を行ったり、研究活動を行っている助産師会員が所属しています。また、地域において新生児訪問、育児支援、思春期教育等を行っている助産師もいます。

 この3部会に所属する助産師が会の活動を通して、職場や勤務形態の壁を超え連携しながら地域の皆さまへ質の高いケアをするために活動をしています。

このページの最初へ