先輩助産師からのメッセージ

 助産師を目指したい、または助産師の仕事ってどんなことだろうと興味を持って下さっている方々がたくさんいらっしゃることと思います。
 そのような皆様に、様々なところで活動している先輩助産師からのメッセージです。

「助産師は女性の一生を支える」を実感する地域活動

〜地域での助産師の仕事〜
 母子や女性の生活の場である地域に出て、様々な悩みや問題を抱える女性たちに出会いました。思春期の月経に関連した相談、彼と親密な関係に戸惑う、妊娠した、妊娠しない、赤ちゃんがよく泣く、母乳がでない、虐待してしまいそう、産後のブルーな気分、夫からの暴力、孫の誕生に援助はどのようにしたら…。
 産む性を持つ女性の生活や人生の課題を、どのように乗り越えるか、寄り添い、その女性自身が持つ回答を一緒に探します。
 「あ、そうか」「これなら、できるかも」「できた!」新たな発見や気づきから、本来の笑顔が取り戻せた時、安堵感とともに、助産師として私を成長させてくれていると感じます。町中では、寄り添った方々から声をかけて頂くことも、私の元気の大きな源です。やり甲斐のあるこのお仕事を、是非とも一緒にしましょう!

みわ助産所  三輪寿江

いつもの生活に新しい命を迎える幸せ 自宅分娩を支える

〜開業助産師の仕事〜
 ≪深夜、枕元の携帯が鳴る。「布団に入ったけれど今は5〜6分間隔で陣痛が来ているみたいで…。」電話の向こう側の少し緊張した声に、ベッドから起き出し着替え、お産道具の詰まったバッグを車に乗せて産婦さん宅へと向かう。到着すると産婦さんは汗ばみ、もうかなり辛そう。手際よく診察を済ませて腰をさすりながら優しく声を掛け、赤ちゃんが降りてくるのをじっくりと待つ…≫
 お産は深夜に多い気がします。きっと本能的に落ち着き、安心して集中出来るのでしょう。夜明けに新しい命の誕生を迎え、帰宅する際には、至福の光景・美しい朝焼けが眠気と疲労感を癒してくれます。お産は、お母さんと赤ちゃん、二つの命を同時に預かる責任の重い仕事ですが、大きな感謝と共に自己をも成長させてくれるかけがえのない経験です。プロである助産師には高度な専門知識と熟練技術だけでなく、寄り添う「温かい心」と「優しい手」が必要です。助産師を目指す皆さんは教科書を覚えるだけでなく、女性に寄り添い、触れ、沢山お話しをして、どうぞ「温かい心」と「優しい手」を育てて下さい。私たち助産師は、妊娠・出産・授乳や育児のサポート・お産や命に関わる教育などを核に、仲間と日々研鑽し続けています。そして、そこにあなたも加わってくれる日を待っています。頑張りましょう。

子宝助産院  坂本昭子

先輩助産師からのメッセージ

〜病院で働く助産師の仕事〜
 助産師は古くは、「産婆」「取り上げ婆」と呼ばれ、出産に立ち会い赤ちゃんを取り上げることと一般的に言われてきました。けれど助産師の仕事はそれだけではありません。
 思春期から更年期まで生涯にわたって女性の心と身体をケアする仕事です。
 特に「人の誕生」、女性が妊娠し、出産し、親となっていく一連の過程に深く関わり、そこに助産師の専門性が発揮されます。女性は子どもがいくつになっても、出産の記憶を持ち続けると言います。大きなライフイベントとなる「重要な出産」、「新しい家族のスタート」に助産師は立ち会い、命の誕生を目の当たりにするのです。
 子どもは社会の力であり、人類の希望です。その子どもを産み育てる女性とその家族に寄り添い、命がつながっていくことに助産師としての喜びとやりがいを感じることができるはずです。

総合母子保健センター愛育病院 石川紀子

優しさあふれ智を追う助産師に

〜助産師教育の仕事〜
 助産師になるには、日本では看護師になる為の教育を受け、次のステップとして助産師教育を受け、その先に国家試験があり、試験にパスしてようやく免許がとれます。免許を得たらそれで完了ではなく助産師になってからも日々勉強の積み重ねです。妊娠分娩産褥だけでなく女性の性、ライフサイクルにまつわる様々な事柄を十分理解することは勿論、最新の情報に敏感になり、常に自己の知識をアップデートしていくことが求められます。知識は助産師になる為だけではなく、助産師であり続けるためにとても重要です。
 しかしそれさえあれば良いということではありません。助産師はこの上ないくらいに濃厚に人と接する仕事です。私の大好きな大先輩助産師さんは、「助産師は賢くなくてもいい。優しく、女性に寄り添える人であれ」と常々仰っていました。どれだけ優しくしても『やり過ぎる』ことはありません。ぜひ優しい助産師になるよう、一緒に目指していきましょう。

帝京平成大学ヒューマンケア学部看護学科母性看護学・助産学領域 坂田清美

Amazing & Brilliant of midwife(助産師のすばらしさ)

〜助産師の仕事〜
 思春期の頃、お産に自転車で駆けつける産婆さんの姿を見て職業を知り、かっこいい!赤ちゃんを産むお母さんを助ける人。私もなりたい!その出会いが人生の転機でした。中学生が職業体験に来るようになり立場は変わり影響力は大きい。現場の助産師は新しいいのちの誕生や産後の子育てや思春期、更年期と女性全般に向けていつも先導者です。妊産婦は様々なストーリーとドキュメンタリーがいっぱい。レストランに例えると毎日オードブルメニューが違う。
 助産師は人間の五感を使って相手との信頼関係を育み、母のように優しく、労り慰め、時には抱き合い、喜びに共感し感動する。ママ頑張って!もうすぐ生まれますよ!緊張の時を共に分かち合い、一瞬の時を共有し真綿のような赤ちゃんを抱きあげる。頑張った母を褒め称え、いのちの誕生に喜ぶ助産師の声、家族の声、赤ちゃんの泣き声、オリジナリティの饗宴の始まりを何回も体験する。電話の向こうで「陣痛が来ました」ママの子宮から大地へ向かって頑張って生まれる。痛みに寄り添う。擦る。専門職の知識の発揮・・さあ助産師の出番です!

ウパウパハウス岡本助産院  岡本登美子

このページの最初へ