医療事故調査制度

 医療事故調査制度は、平成26年6月18日に成立し、平成27年10月1日にスタートしました。医療事故が発生した医療機関で院内調査を行うことを中心に、再発防止につなげ、医療の安全を確保することを目的にしています。

1.制度の概要につきましては下記の関連ページをご参照ください

厚生労働省「医療事故調査制度について」

日本医療安全調査機構「医療事故調査制度について」

2.日本助産師会安全対策委員会では医療事故等発生時のフロー図を作成しております。

 重大事故が発生した場合「助産業務重大トラブル時報告フロー」※1に沿って、嘱託医、都道府県助産師会へ報告します。死亡・死産が発生した場合、「医療事故調査制度・助産所対応フロー」※2に沿って対応します。

※1「助産業務重大トラブル時報告フロー(助産所)」

※2「医療事故調査制度・助産所対応フロー」

このページの最初へ