全国助産所一覧 全国の相談窓口

医療事故調査制度

医療事故調査制度は、平成26年6月18日に成立した、医療法の改正に盛り込まれた制度で、平成27年10月1日にスタートしました。医療事故が発生した医療機関で院内調査を行うとともに、その調査報告を民間の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組みです。
日本助産師会では、医療事故調査等支援団体としての役割を担うとともに、医療事故調査・支援事業運営委員会、再発防止委員会の委員として本会理事が参画しています。

  1. 制度の概要につきましては下記の関連ページをご参照ください

医療事故等発生時のフロー

日本助産師会安全対策委員会では医療事故等発生時のフロー図を作成しております。
重大事故が発生した場合「助産業務重大トラブル時報告フロー」に沿って、嘱託医、都道府県助産師会へ報告します。死亡・死産が発生した場合、「医療事故調査制度・助産所対応フロー」に沿って対応します。

CONTACTお問い合わせ

助産師はあなたのそばにいます。
女性の生涯を通して様々な問題に関わり、
その改善や健康増進への支援をしております。
遠慮なく何でもご相談ください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ