全国助産所一覧 全国の相談窓口

国際お知らせ

ICM-3年毎大会2021-(2021年5月30日~6月3日)インドネシア-バリ大会はVirtual(仮想)での開催に変更になりました。(Covid-19感染拡大防止)
詳しくは、大会ウェブサイト、ICMウェブサイトで最新情報をご確認ください。(2020.10.28)

ICMよりWHOの Webinar (11/18 22-23時)のご案内

テーマ: ”Development in Midwifery Education"-助産師教育の開発-

日時 : 11月18日 日本時間22:00-23:00 (14-15CET) 

参加の方は下記 Zoomリンクでご登録ください。
The Zoom link to register is: URL

Covid-19

助産師の助産ケアについて、緊急ミーティング(Zoom)が開催され、会として日本の状況を事前調査に回答しました。 また、2名の代表が緊急ミーティングに参加し日本の状況を伝えました。
ICMはWHOやINFPAとも共同でCovid-19禍の世界の状況を調査し、前例のない状況下での助産師のケア、母子保健について多くのリソースを提供しています。

詳しくはこちら

WHO、UNFPA、 ICM のジョイントプロジェクト

WHO、UNFPA、 ICM のジョイントプロジェクトで、助産師教育質の強化に関しての指針が出されました。

ICMとは

ICMの定款・細則

  • VISION

    ICMのビジョン

    ICMは、出産をするすべての女性が、自身や産まれてくる赤ちゃんのために助産師のケアを受けることができる世界を目指しています。

  • MISSION

    マタニティケア能力

    女性や、彼女たちの赤ちゃんや家族のリプロダクティブ・ヘルスを向上させるため、出産する女性や正常分娩のために最も適したケア従事者として自律性の高い助産師を促進することにより、助産師会を強化し助産職を発展させることにあります。

ICMの地域分け

  • 米州(北アメリカ、カリブ地域)
  • 西太平洋
  • 地中海東岸
  • 東南アジア
  • 欧州(北、中央、南)

ICMは、母子のケアにおける共通の目標を達成するため、世界中の団体に対して助産師や助産について代弁する認定非政府機関です。ICMはWHOやUNFPA、その他の国連関係機関や、国際産婦人科連合(FIGO)、国際小児科学会(IPA)、国際看護師協会(ICN)などの世界的ヘルスケア専門家組織ほか、非政府組織や二国間団体、市民社会団体などと密に連携しています。

ICMの歴史

ヨーロッパでは、第二次世界大戦中の8年間(1914-1922)を除き、1900年代前半よりさまざまな助産師の国際会議が行われていました。1922年には、ベルギーで国際助産師連盟(ICM)の前身である、国際助産師連合(IMU)が設立され、同じく第二次世界大戦の影響を受けたものの、欧州助産師の会議が不定期に開催されました。本部は当初ロンドンに設置されましたが、1999年にICMの本部がオランダのハーグに移転し以降は同地を本部拠点としています。

ICM 発行文書

2019 助産実践に必須のコンピテンシー
ICM 助産師の倫理綱領
ICM戦略的指針(2017-2020)
2017 ICMトロント大会採択文書

基本文書

所信表明

ICMニュースレター

Millenia2025

WeObservatory

CONTACTお問い合わせ

助産師はあなたのそばにいます。
女性の生涯を通して様々な問題に関わり、
その改善や健康増進への支援をしております。
遠慮なく何でもご相談ください。

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ